| 適応障害
559
page-template-default,page,page-id-559,ajax_fade,page_not_loaded,,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1,vc_responsive

適応障害

■ 適応障害とは

適応障害とは、ある社会環境においてうまく適応することができず、さまざまな心身の症状があらわれて社会生活に支障をきたすものをいいます。
だれでも、新しい環境に慣れて社会適応するためには、多かれ少なかれ苦労をしたり、いろいろな工夫や選択をする必要にせまられることはよくあることです。それがうまくいかなくなった場合には、会社では職場不適応、学校では登校拒否(不登校)、家庭では別居あるいは離婚などといった形であらわれます。
このように、ある環境と自分の価値観のズレが大きいために、その環境に適応しようと努力するも適応できず、様々な不調を来たしてしまう障害です。

適応障害は症状ではなく、「適応できない事」が障害の根本であるため、一般的な疾患と違い、症状ではなく「適応できない事」が特徴的な症状となります。

■ 原因

適応障害を発症するきっかけとなるストレスには、職場環境や引っ越し、進学、転校、恋愛、結婚などがあげられます。
特に進学や就職によるストレスとの関係で、「五月病」などの特定の時期に発症が集中することがあります。
そのため人生の節目に現れやすい疾患とされています。

適応障害の原因

■ 症状

適応障害の症状は、適応出来ないためのストレス症状で様々な症状があります。
○精神的な症状:不安、抑うつ、イライラ、焦燥、怒り、過敏、混乱など
○身体的な症状:不眠、食欲不振、全身倦怠感、易疲労感、頭痛、肩こり、腹痛、下痢など
問題行動:遅刻、欠勤、早退、過剰飲酒、夫婦不和、ギャンブル中毒、自傷行為など
そして、次第に対人関係や社会的機能が不良となり、仕事にも支障をきたし、引きこもってうつ状態となります。

■ 適応障害のセルフチェック

4つすべてに当てはまる方は、適応障害の可能性があります。

 

① 日常生活や仕事に支障をきたすほどの症状がある
② 環境変化によるストレスが原因となっている
③ ストレスから離れれば、症状は改善する
④ 他の病気の所見が見られない

適応障害チェック

■ ココロのトビラでは

適応障害の治療は、大きく2つのステップに分けることができます。
① まずはストレスから離れる事で本来の自分を取り戻す。
② その上で、適応できない環境にどのように対処していくかを考える
まずは、ストレスの原因を突き止めたうえで、負荷軽減のための環境調整を現実的な範囲で行っていけるよう話し合います。

 

環境調整には、
○ ストレスを自認・開示(家族や上司など周囲に伝える)
○ 負荷経減(問題の先送り、仕事の軽減など)
○ 体調管理(バランスの良い食事、腹八分目)
○ 休養・睡眠
○ リラックス (軽めのマッサージなど)
○ 気分転換(楽しめることをする、愚痴をいう)
などのような方法があります。
自らのストレスを認め、その状況を職場や家族に率直に明かします。そしてバランスのよい食事をとり、ぐっすり眠る。ストレスに真正面から取り組むよりは、気分転換したほうがよいケースが多いです。負担のない趣味を続けたり、利害関係のない友人に愚痴を開いてもらうだけでも効果があります。カウンセラーが聞き役になり話をすることも適切な治療といえます。
認知行動療法では、認知の歪みを正すことにより患者の行動を変容させるというものです。適応障害の治療においては、自分がストレスに直面して症状が出ていることを正しく把握させ、問題の場面における適切な対処法を学習・訓練していきます。最終的には状況のセルフコントロールを目指していきます。