| パニック障害
551
page-template-default,page,page-id-551,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1,vc_responsive

■ パニック障害とは

突然胸がドキドキしたり、胸がしめつけられ息ができなくなったり、このまま死ぬのではないか、気が変になるのではないか、という強い不安におそわれる・・・
思いがけない事態が起きたときに一時的にパニック状態に陥ることは誰にでも起こりうることですが、特に何の原因もなく、また体に悪いところがあるわけでもないのにこのようなパニック状態に陥るのが「パニック障害」です。
この先に起こる危険を察知して心の準備をしたり緊急事態に備えた体の状態にするのは生き物として当然の反応ですが、実際には危険が迫っていないのに誤って非常事態ととらえてしまい様々な心身の反応を起こしてしまうのだと考えられています。

日本では認知されてきたのは最近ですが、100人に1人はパニック障害にかかったことがあるとも言われており、そう珍しい病気ではないのです。
パニック障害自体は命に関わる病気ではなく、慢性化することもありますが早い時期に適切な治療をすれば治りやすい病気だとも言われています。

昔は不安神経症や心臓神経症と一緒に扱われていましたが、現在では「パニック障害」として区別されています。
パニック障害は「不安障害」の一つに分類されます。
不安は誰もが持っている感情ですが、繰り返し起こり頭を離れない病的な不安で日常生活に支障をきたすような状態を「不安障害」といいます。

パニック障害とは

■ 原因

パニック障害が起こる原因は、恐怖や不安に関係している神経伝達物質「ノルアドレナリン」と、興奮を抑える神経伝達物質「セロトニン」とのバランスが崩れるためと考えられています。これについて詳しいことはわかっていませんが、脳内のセロトニンが増加する治療を行うと、パニック障害の改善がみられることから推測されています。

■ 症状

○パニック発作
突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気です。 この発作は、「パニック発作」といわれ10分くらいから長くても1時間以内にはおさまります。

 

○予期不安
「また発作が起きるのではないか」という不安をいつも感じていますか?
パニック発作をくりかえすうちに、発作のない時も次の発作を恐れるようになります。「また起きるのではないか」「次はもっと激しい発作ではないか」「今度こそ死んでしまうのでは」「次に発作が起きたら気がおかしくなってしまう」といった不安が消えなくなります。これが「予期不安」で、パニック障害に多くみられる症状です。
このほかにも、いつ発作が起こるかという不安のあまり、仕事を辞めるなどの行動の変化が起きるようになるのもパニック障害の症状のひとつです。

 

○広場恐怖
そこに行くと発作が起きそうな気がする、苦手な場所はありますか?
発作が起きた時、そこから逃れられないのではないか、助けが得られないのではないか、恥をかくのではないか、と思える苦手な場所ができて、その場所や状況を避けるようになります。これを「広場恐怖」といいます。苦手な場所は広場とは限りません。一人での外出、電車に乗る、美容院にいくなど、人によって恐怖を感じる場所は様々です。広場恐怖以外に、外出恐怖、空間恐怖ということもあります。
広場恐怖が強くなると仕事や日常生活ができなくなり、また引きこもりがちになるので友達との人間関係にも影響が出てきます。一人で外出できなくなるので、人に頼っている自分自身を情けなく思う気持ちも強まっていきます。広場恐怖をともなわないパニック障害もありますが、多くの場合広場恐怖がみられます。

◆ 診断基準

※ パニック障害の診断は問診が中心になり、アメリカで考え出された基準がよく使用されます。
※ この基準は13のチェック項目があり、4つ以上当てはまるとパニック障害の可能性があるとされています。

① 心臓がドキドキしたり、脈拍が増加する。
② 手のひらや、全身に汗をかく。
③ 体や手足が震える。
④ 息切れ感や、息苦しさを感じる。
⑤ 窒息感、またはのどが詰まった感じがする。
⑥ 胸の痛みや圧迫感、不快感がある。
⑦ 吐気や腹部の不快感がある。
⑧ めまい、ふらつき、または気が遠くなるような感じがする。
⑨ 現実感がうしなわれ、自分が自分ではない感覚が起こる。
⑩ 自分をコントロール出来なくなる恐怖や、気が狂う恐怖に襲われる。
⑪ このままでは死んでしまうという恐怖を感じる。
⑫ 体の一部にしびれ感や、うずきを感じる。
⑬ 冷たい感じや、ほてった感覚がある。

パニック障害の診断基準

■ ココロのトビラでは

医療機関への受診や薬物治療と平行して、パニック障害に有効とされる認知行動療法を行いながらカウンセリングを行っていきます。
パニック障害の認知行動療法は「曝露反応妨害法」という方法を使います。
「曝露」は不安にさらされること、「反応妨害」はパニック発作を起こさなくすること。つまり「不安なことに直面しても、パニック発作を起こさなくなる」という方法です。
この方法を繰り返し練習していくことにより、パニック発作を起こさなくなり、予期不安や広場恐怖もなくなってきます。
不安になる場所や行動などをリストアップしてもらい、少しずつ不安行動に対処できるようにカウンセリングを進めていきます。時には、カウンセリング中に一緒に練習をしたりもしていきます。
初めは不安が強まります。「なんでこんなことやらなくてはいけないのか?」と思いたくもなります。しかし、やっていくうちに楽になってくると「やってよかった」と思えるようになるものです。これまで世界中でたくさんの方がこの方法で改善しています。強迫にとらわれた生活から一歩抜け出しましょう。